業務改善に繋がる契約書管理や名刺管理の運用テクニック

このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウド管理が便利

名刺

ビジネスシーンで交換される名刺は、データ化してクラウドに管理しておくと便利でしょう。必要に応じてソートできて紛失するリスクも防げることから、名刺管理システムを企業で導入する数が増えています。

More Detail

派手に展開

ブース

展示会で商品やサービスをアピールするためには、ブースづくりが重要です。企業が求める世界観やコンセプトを元に装飾してくれる施工会社を選定して準備することが成功への近道です。

More Detail

改善プロセスに繋がる

WEB制作

インターネットユーザーの獲得にリスティング広告を用いる企業は多いです。より、広告効果を高めるなら代行業者を通して入稿の手続きや広告文・ランディングページの改善を行なうのが効果的です。

More Detail

共有と保管の両面をカバー

オフィス

取引先との間で取り交わされる契約書。事業が拡大していけば、契約書を取り交わして事業提携する機会も増えることでしょう。特に支店を有する企業は、その支店ごとに業務を進める上で必要な事業提携を行なうことになります。ですから、その保管方法と内容の把握は案外大変なのです。特に紙ベースだけでの保管は紛失リスクも高まりますし、内容の共有をする上でも不便です。ですから、最近は契約書管理を主軸としたシステムが選ばれており多くのリスク回避に役立ちます。

契約書管理をデータ化することで、原本だけではなくデータとして保管することが可能になります。これにより、万が一原本を紛失するような事態になっても、そのままのデータが保管されているから安心でしょう。また、本店と支店とのやり取りでお互いが契約書管理を行なう場合も、データのやり取りをすれば簡単に共有できます。もちろん、必要なタイミングで検索をかけて契約内容の確認と更新の検討を行なえることも魅力のひとつです。

データベースで契約書を保管する場合に心配されるのは、セキュリティ面。契約内容の中には機密性の高い情報が盛り込まれています。ですから、安易に外部に情報漏えいするような体制にならないようにしなければなりません。有料版で提供されている契約書管理システムのほとんどは、高いセキュアが組み込まれており情報漏えい対策が万全です。また、共有範囲も権限設定することで第三者への開示を阻止できるので、安全性が高い状態で保管できます。